焼肉やまとの極上ステーキ特集

焼肉やまとだからできる!おいしいステーキの秘訣

安くて高品質。その秘密は牛を丸ごと買い付ける一頭買い

普通の焼き肉店は、お肉を部位ごとにパーツで仕入れるのが一般的。
やまとは牛を丸ごと買い付けるので、ステーキ用の高級部位もご提供できるんです。

牛肉の最高等級A5ランクの中から、肉質が柔らかい雌牛のみを仕入れる。

当店で扱う『松阪牛』というブランドの中にも、品質によって上下が存在します。
当店では松阪牛の中でも特に、牛肉の最高等級であるA5ランクだけを仕入れ、出産前の雌牛と、それに引けをとらない品質を持った黒毛和牛を取り扱っております。

お電話からのご予約:047-422-4192

ネットでのご予約はこちら

ステーキへのこだわり

やまとのステーキは松阪牛と黒毛和牛の中でも雌牛・A5等級だけをご提供しております。
ステーキハウスでは食べられない最高級のステーキをリーズナブルに、赤ワインと一緒に楽しんで下さい。
焼肉のメインにステーキをチョイスすればお子様から会食まで幅広いシチューエーションで楽しんでいただくことができます。
ご注文後、肉に精通したスタッフがその場でステーキ肉を焼いていきます。
焼き加減などすべて最高のタイミングでご提供いたしますので、安心して肉ソムリエにおまかせください。

なお入荷によりステーキには限りが有ります。事前のご予約でご指定いただく事をおすすめいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

塩とわさびで食すステーキ

当店では、A5等級・雌牛のみを仕入れ提供していますので、お肉本来の美味しさを堪能していただきく、全てのステーキは塩・わさびでお召し上がりいただきます。

肉ソムリエが厳選したワイン

ステーキに欠かせない赤ワイン

ワインとお料理を合わせる時には、それぞれの持つ味わい・味付け・濃さ・香り・温度等、が考慮されますが、ステーキとなりますとそれぞれの味覚により、絶対とは言えませんが、全般的には、お口の中の脂味を流してくれる赤ワインが適していると考えます。

ワイン選びのポイントは一緒に食べるステーキの部位
同じ牛でも部位の違いによる肉質と食感、旨味、脂身の甘みの感じ方でワイン選びも変わってくると考えています。
「どのワインがいいのか分からない…」そんなときはお気軽にスタッフへおまかせください。
以下は、ある一例ですが、参考までにいかがでしょうか。

イチボ+
カベルネ・ソーヴィニヨン

イチボの持つ独特の香りと力強い旨味・脂味にはカリフォルニアやチリ等の新大陸系の渋みが特徴的なカベルネ・ソーヴィニヨン種はいかがでしょうか?

ランプ+
ピノ・ノワール

柔らかい肉質と控えめな脂味にはオーストラリアやニュージーランド等のピノ・ノワール種はいかがでしょうか?ピノ・ノワール種の持つ華やでかつ、柔らかな酸味と渋みがランプ肉の味わいを一層美味しくしてくれます。

芯しん+
メルロー

霜降りが最も少ない赤身肉部位の芯しんには、チリ・アルゼンチン等南米のメルロー種はいかがでしょうか?甘い口当たりと香ばしいトースト香やしっかりとした渋みにぴったりです。

トモ三角+
シラーズ

モモ肉一番の霜降りのトモ三角には、オーストラリア等のシラーズ種はどうでしょうか?しっかりとした渋みが特徴的なシラーズがお口の中の脂味を流してくれますよ。

サーロイン+
ボルドー産

最高級部位には、やはり最高級なワインを合わせたい!と言うことで、フランス・ボルドー産はいかがでしょうか?ブレンド品種による味わい深く、奥深いワインは渋み・香り・味わいは至福の時を約束してくれるでしょう。

シャトーブリアン+
ブルゴーニュ産

ヒレの中でも数キロしか取れない高級部位。ステーキの女王にはやはりワインの女王フランス・ブルゴーニュ産はいかがでしょうか?ブルゴーニュワインの貴賓溢れる複雑な味わいがお肉とワインの最高芸術品を生み出すことでしょう。