船橋市・市川市・習志野市のオススメBBQスポットをご紹介!

夏のレジャーを一日中満喫できる「稲毛海浜公園」

JR稲毛駅からバスで約10分。東京湾沿岸に位置し、海浜ニュータウン地区の海岸に沿って長さ3km、総面積は83ha(東京ドーム18個分)もある大規模な「稲毛海浜公園」。

公園内には、スライダーウォーターや波のプールなど14種類のプールが楽しめる運動施設「稲毛海浜公園プール」や「稲毛ヨットハーバー」があり、隣接した「いなげの浜」では海水浴場やバーベキュー場が設けられていて、公園全体が海レジャーが楽しめる施設となっています。

家族連れだけではなく、プールも海水浴も楽しめることから中高生にも人気があり、オンシーズンは多くの人で賑わいます。

「稲毛海浜公園」内のバーベキュー広場には、どんな特徴があるのでしょうか。

海水浴もバーベキューも楽しめる関東エリアでも希少な施設!

海水浴を楽しんだ後にバーベキューで空腹を満たすことができたら最高の休日なのになぁ・・・と思うものの、関東エリアの海水浴場のほとんどがバーベキューを禁止されています。が、「稲毛海浜公園」は、その二つを同時に叶えてくれる関東エリアでも希少な施設です。

家族や友人などで楽しめることから人気が高く、休日には千葉県外からも多くの利用者で賑わっています。

バーベキュー場は「いなげの浜」に隣接していますので、海水浴を楽しんだその足でバーベキューを楽しむことができます(要予約)。希望日の1ヶ月前から千葉市みどりの協会で受付をしていますので、詳しくはホームページでご確認ください。

食材を用意するだけでお手軽バーベキュー!

バーベキュー場は野外炉付き(37基)の区画で分かれていて、テーブル、イス、洗い場等の貸し出しがありますので(単品の貸し出しや購入も可能)、食材だけを用意しておけば、お気軽にバーベキューを楽しむことが可能です。

夏場は食材が痛みやすく食中毒のリスクも高いので、海水浴を楽しんでいる間は直射日光を避け、食材をクーラーボックスで保管するなどの注意が必要です。

肉などの食材を焼くときも、十分火を通して生焼けのまま食べないように注意しましょう。

炉と炉の感覚が狭いのがちょっと残念かも。

海水浴もプールもバーベキューも楽しめちゃう「稲毛海浜公園」。これ以上を望むのもいかがなものかとは思いますが、唯一の弱点を挙げるとするならば、野外炉と野外炉の感覚が狭く設置されているということでしょうか。

友人同士でバーベキューを楽しむには問題なさそう(お隣さんには十分配慮が必要です)が、小さな子供がいる家族でのバーベキューを想定した場合、子供が走り回れるスペースがありませんので、子供はすぐに飽きてしまいそうですので、子供が退屈しない工夫がその日のバーベキューの成否を分けそうです。

稲毛海浜公園基本データ

所在地 千葉県千葉市美浜区 高浜7丁目地内
電話番号 043-247-2771
アクセス 電車:JR 稲毛駅西口より海浜交通バス海浜公園プール行で「花の美術館」下車、または高浜車庫行で「終点」下車徒歩約5分
車:京葉道路 穴川ICから約6km
駐車場 普通車(3時間)300円/以降1時間毎に100円/1日最大600円
大型車(1日1回)2,000円
オートバイ、自転車は無料
バーベキュー場 要予約
利用料金 炉セット(1基)2,900円 炉単品(1基)1,540円
ご利用時間 9:00〜15:00※季節によって異なる
予約方法 電話またはWEBから申し込み
URL http://www.cga.or.jp/004008/

他のバーベキュースポットを見る